心血管障害と言えば禁煙外来でファイザー製薬が提供

タバコの煙にはニコチンやタールが多量に含まれており、このニコチンが心血管障害を引き起こすことがわかっています。
心血管障害を発症したほとんどの人は、喫煙歴があります。
止めたいと思ってもなかなか止められないという「依存症」にかかっており、吸うえば吸うほど血管などに悪影響を及ぼします。
害があるとわかっていながらも止められないのは依存症によるのです。
心血管障害だけでなく、癌を発症したり、血圧が上ったりなど人体へいろいろ影響を与えています。
現在タバコを吸っている人は、早いうちから止めましょう。早く喫煙を始めた人にとっては、将来が少し不安に思えるかもしれません。
タバコをどうしても止めることができない人に、禁煙外来をおすすめします。
禁煙指導ができたりして禁煙できるやり方のアドバイスがあります。
ネットで地区ごとの禁煙外来のある病院等を検索できます。
スポンサーがファイザー製薬になっており、この会社がいろいろな資料を医師や医療関係者に無料で提供してくれます。
ファイザー製薬と言えば「生活習慣病」のお薬巣を世界で唯一たくさん販売しております。
禁煙外来ではまず「チャンピックス」と呼ばれる世界に1つしかない禁煙用の飲み薬を下さいます。
これを12週間続けると、多くの人に効果があらわれているということです。
ファイザー製薬はこのように観点の違った薬を多く販売していますので、消費者にもニーズがあります。
世界中は、禁煙にものすごく力をいれています。禁煙することで寿命が伸びたり、病気が治ったりするからです。
また国内では癌で亡くなる方が多いですが、これもタバコが大きく影響していますので、もしタバコを多くの人が止めるとなるとかなりの医療費抑制につながります。

ページトップへ